大子町立教育支援センター
 

ご案内

教育支援センターご案内

教育支援センターでは、児童生徒のちょっと気になることの相談を
受け付けています。
どうぞお気軽にお電話ください。なお、電話での相談は匿名でもできます。

 受付日時  平日 午前9時30分~午後3時30分
 電話番号  0295-74-1126

 
山びこひろば日記
12345
2018/03/22

動き出せるようになる時を待つ

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター
絵文字:キラキラ早いもので今年度ももうすぐ終了の時期を迎えました。絵文字:キラキラ

この一年で大きく成長した絵文字:三人絵文字:三人子ども達の姿が、
教育や支援に携わる私達を励ましてくれています。
今年度の締めくくりの更新です。

 

子どもが登校を渋ったり、お休みが続くようになってしまったとき、
周りの大人たちは、たいてい
「どうして学校に行けなくなってしまったのだろう?」
「この子に何が起こったのだろう?」  とその理由を知りたくなります.。
しかし、ほとんどの場合、不登校の理由をぴたりと探り当てることは
難しいと言うのが、私達相談員の実感です。

当事者の子からその理由を聞き出すのはなおさら難しいことです。
なぜなら、その子自身もなぜ学校に通うのが辛いのかよくわからないからです。
不登校に陥っている子の心には様々な思いが存在し混沌としています。
理由は聞かないであげて欲しいと思います。
熱心に問えば、その子は何らかの答えをださなければならないと感じて、
言葉にしやすい事柄を理由として答えてしまうかも知れませんし、
反対に、さらに固く口を閉ざしてしまうかもしれません。
それでは、その子の本当の辛さや苦しさを知ることから
ますまず遠ざかってしまいます。

 
では、そのような子達に対してどう接したらいいのでしょう?
私達が抱く不登校の子達への関わり方のイメージは

『その子を取り巻く大人たちが、手に手を取り合い、
はやる心を抑えて、じっと、その子が動き出せるようになる時を待つ』

というものです。
なぜそんな悠長なことを?
ずっと学校に行けなかったら、この子の将来はどうなるの?
ただ休ませているだけでいいの?
そんな言葉が聞こえてきそうな気がします。

まあ、一呼吸おいてください絵文字:猫

不登校に陥る理由は様々で、ひとりひとり違いがあります。
でも、共通に言えることは、学校に通って友達と一緒に行動したり
楽しく過ごすだけのエネルギー(意欲)が著しく低下しているということです。
そして、学校に通えなくなってしまったことで、
一番苦しみ不安な気持ちになっているのは当事者のその子です。
その上に、学校に通って欲しいと思っている周りの大人たちの期待に
応えられていないと日々自分を責め続けているのです。
そんな辛さが、ますます心のエネルギーを奪い、自信を失って
身動きできない状態を作ってしまうのです。

 

  「学校に行って欲しい」という思いは、不登校の子と向き合う保護者の
切なる願いであることは言うまでもありません。
また「学校に来て欲しい」は全ての先生方の
共通した思いであることも間違いありません。
しかし、当事者である子からすれば

「学校に行って欲しい」「学校に来て欲しい」=「今のあなたのままじゃダメ!」
というメッセージに他なりません。

「学校に行っていなくても、今のあなたの存在がとても大切」

「教室に入れなくても、あなたは○○学校の大切な生徒」


そう…「今のあなたのままでいい。」
そんなメッセージを伝えてあげることだと思います。
今のその子を丸ごと認めてあげることが、
その子に自己肯定感もたらし、自信を持たせ、意欲を高めることにつながります。

そうはいっても、何も対策を講じないでただじっと待つわけではありません。
お家にいてもできることはたくさんあります。
絵を描くとか、楽器を楽しむとか、興味のある図鑑を見るとか、
料理や家事をするとか、運動をするとか、
あるいはお家にお年寄りがいる場合はお話し相手をしてもらうとか、
その子なりの得意なこと、好きなことに取り組んでもらうのです。
ゲームをする時間はその分控えるよう話し合います。

少し登校できる場合も同じです。
何かの課題や目標を持つときはスモールステップが基本です。
今、出来ていること、少しでもうまくいったことを見逃さずに
取り上げて認めていきます。

それらのことが全ての不登校の改善につながるとは決して言いませんが、
心のエネルギーは、その小さな成功体験を積み重ね、
周囲の人々に肯定的に受け入れられることによって蓄積されるものだと思います。
登校につまづいていても、その子の心は確実に成長しています。
その成長を静かに見守り続けることが、大切なことだと思います。
不登校解消に、回り道はあっても近道はないと私達は思っています

                                        (相談員Ⅰ)

絵文字:ハート小さなことでもご心配があれば、お気軽にご相談ください。
一緒に考えていきたいと思います。絵文字:ハート

12:00 | 投票する | 投票数(102)
2017/08/30

夏休みの終わりに

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター

絵文字:晴れ長いと思っていた夏休みも、明日一日を残すだけになりました。絵文字:晴れ後くもり


この時期に気になるのは、二学期が始まることに
不安を抱いている子ども達のことです。

夏の間の長いお休みは、暑さを避けて一学期に頑張った体も心も
休めるために必要なお休みなのですが、
二学期からの学校生活に戻っていくのは、
どの子にとっても簡単なことではありません。
生活リズムの大きな変化は大人でも負担になるものです。

特に、一学期の終わりのころに、学校生活やお友達との関係に
ちょっとした心配事を抱えて夏休みに入ったような場合は、
その不安は大きいと言わざるを得ません。
夏休みの間は、学校での出来事からは離れて、
ゆっくり過ごすことができたかも知れませんが、
問題が解決できたことばかりではないでしょう。
もうすぐ始まる学校のことを考えると不安や心配が膨らんでしまい、
ひとり悩んでしまうこともあるのではないかと思います。

 

絵文字:困った 冷汗二学期に使う学用品の準備がすすまない。

絵文字:困った 冷汗制服や上履きなどの準備がすすまない。

絵文字:困った 冷汗学校や友達のことを話題にしたがらない。

絵文字:困った 冷汗学校の宿題や学習に向き合えない。

絵文字:困った 冷汗夜になると元気がなくなる。

絵文字:困った 冷汗家族とあまりしゃべらなくなる。

絵文字:困った 冷汗朝、起きられない。

 

このような様子が見られたときは、無理に残っている宿題や
学校の準備をさせようとせず、その子がリラックスする場を用意し、
二学期を迎えるにあたって何か不安に思っていることや
心配なことがないか声を掛けてみましょう。
そして、本人が何か話し出した時は、早急なアドバイスや言い聞かせを避け
しっかりとお話を聴きましょう。
子どものお話は、最初に一番悩んでいることが出て来るとは限りません。
ゆったりとした気持ちで聴きましょう。
あえて、アドバイスをする必要のないこともあるでしょう。
絵文字:ハート話をすることができた、そして聴いてくれる人がいたということが大切です絵文字:ハート

 

『二学期からまた新たな気持ちで…』『始まりが肝心だから…』
というような、気持ちを切り替えて取り組むという考え方は、
とてもすっきりとして気持ちのよいものです。
しかし、一方では、不安や迷いに蓋をして無理に前に進もうとする
大人サイドの考え方でもあるような気がします。
大人はどうあれ、子どもたちはそういう調整がまだまだ上手くいきません。
子ども自身が学校の先生に相談できるようであればそのように勧め、
どうしても気になる様子が見受けられれば、
早めに、学校や教育支援センターにご相談ください。

絵文字:ハート二学期を迎える子ども達を柔らかく、でもしっかりと支えていきたいですね。絵文字:ハート


 支援センターの廊下の隅っこの小さな公園


12:21 | 投票する | 投票数(101)
2017/08/03

センターからのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター
夏休みが始まって2週間が過ぎようとしています。
皆さんはどのようにお過ごしですか?
夜更かししたり、冷たいものを食べ過ぎたりせずに楽しい夏休みを送ってくださいね。
宿題もお忘れなく!


さて、保護者の皆様へお知らせです。
夏休み期間中の支援センターの相談業務については、下記のようになっています。
電話相談と来所(面接)相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。


13:39 | 投票する | 投票数(100)
2017/04/14

新年度のごあいさつ

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター
教育支援センターの庭に桜と水仙の花がみごとに咲きました。
R118から外れた高台にある教育支援センター(旧西金小学校)は、
普段は車や人の往来も少なく、とても静かな場所ですが、
この季節は、桜や菜の花や水仙の花が咲き誇り、賑わいを見せます。
春本番の風に誘われて、久しぶりの日記の更新となりました。

新年度から、支援センターのスタッフも一部動きがありましたが、
昨年度と変わらず、教育相談員5名の体制で、
教育相談をお受けしていきます。

子育ての心配ごとや不安に思うことなど
”ちょっと気になるうちの子”
のお話をおうかがいします。


11:40 | 投票する | 投票数(101)
2016/04/27

お久しぶりの…

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター
皆さま、ご無沙汰しております。

前回の更新からほぼ1年近くたってしまいました。
なかなか学校のように話題が出てきにくい支援センターではありますが、今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

写真は、昨年度の山びこひろばの活動の中でおそらく一番頑張って作ったであろう「多面体おりがみ」です。手の込んでいる感じが伝わるでしょうか…?

14:26 | 投票する | 投票数(101)
2015/05/21

5月のこころカフェ

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター

絵文字:虫眼鏡目には見えない絵文字:ハート

子どもとお母さんは
 もちろん別々の人間

けれども  もともとはひとつだった

そこには  目には見えないけれど

しっかりとつながっている何かがあるんだ

複雑に見える問題でも
そんなシンプルさに納得してしまうことがある

 

だから 難しく考えることはない

子どもの笑っている顔をみたかったら

お母さんに笑っていてもらうことだよ

子どもに元気でいて欲しかったら

お母さんに元気でいてもらうことだよ

 

お母さんの好きなことってなんだろう?

お母さんのほっとする場所ってどこだろう?

お母さんの元気の元ってなんだろう?


今日は お母さんにそっと聞いてみようかな

みんなで一緒に考えてみようかな
                                     母の日に寄せて(遅ればせながら)     (作:相談員 I)



5月も最後の週を残すばかりとなりました。
気候もよくなり、学習したり運動したりするのにも
とてもよい季節ですね。

新学期からずずっと頑張ってきた児童生徒のみなさん
そして、それを支えている家族のみなさま
疲れはたまっていないでしょうか?
疲れていると、不安や心配が大きく感じられたり
感情をうまくコントロールできなくなったりすることがあります。

そんな時は、頑張ってきた自分に絵文字:ハート お疲れ様絵文字:ハート と声をかけ
そして、ほんの少し、な~~んにもしない時間を
とってみてはいかがでしょうか。


                   


11:33 | 投票する | 投票数(101)
2015/04/03

こころカフェ

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター
絵文字:猫〈動物学者の研究〉絵文字:犬
ある動物学者が研究をしたんだって
それは、どんな研究かと言うと
動物の赤ちゃんと人間の赤ちゃんはどう違うの?
っていう研究

それによるとね
人間は、超未熟児で生まれるんだって
十月十日お母さんのお腹に入っていてもだよ
人間の赤ちゃんが、他の動物の赤ちゃんと
同じように生まれるには
あと、十一ヶ月多くお母さんのお腹に
いなきゃいけないんだって

人間のお母さんは、動物の赤ちゃんの中で
一番、大変な子育てをしてるんだね

だから上手くいかないことがあっても平気だよ
失敗があっても大丈夫
(動物は哺乳類のこと 動物学者:アドルフ・ポルトマン) 
                                                                    作:相談員I

新学期は、新しい環境になれるまで、
心と体のバランスも崩れがちになります。
子どもの健康はもちろんですが、
子ども達を見守るお母さんをはじめとする、
大人達の絵文字:ハート心のリラックスも大切にしたいですね。

お子さんのこと、子育てのこと
心配なことがあれば、ご相談ください。

                 満開のしだれ桜
14:48 | 投票する | 投票数(211)
2014/06/02

めだか飼育中

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター
お久しぶりの更新です。
新年度を迎え、約2か月ほどたちましたが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、山びこひろばではだいぶ前からめだかを飼育しております。



玄関前のこのため池で飼っていたのですが…



今年はため池にカエルが大量にたまごを産んで行き、おたまじゃくしが大繁殖。
(今日の時点ではもう足が生えてきてますね)
すみかの環境が変わってしまい、めだかが全滅の危機でした。
14:19 | 投票する | 投票数(100)
2014/03/31

卒業生を送る集い

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター
3月7日(金)に、山びこひろばの「卒業生を送る集い」が実施されました。

今回は、ゲストをお迎えしてのピアノコンサートと茶話会を企画いたしました。
合わせて2時間弱の短い時間でしたが、卒業生をはじめ、出席いただいた皆さまに
普段味わえないひと時を過ごして頂きました。



こんな感じで、体育館のステージ上にピアノと客席でした。

コンサートと茶話会の様子は、いつもより小さな写真で失礼いたします。
(特に客席の皆さまのプライバシーに配慮するために、
顔が分からないくらいに縮小しておりますのでご了承ください。)
11:00 | 投票する | 投票数(100)
2014/03/28

ぽかぽか

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育支援センター
ここ数日で、だいぶ暖かくなってきて、春の気配が近づいてきていますね。

山びこひろばも卒業生を送り出し、ここ数日は静かな日々です。
(卒業生を送る集いを実施したのですが、そちらの模様は近日公開の予定です…)

大子町の教育機関の中ではいちばん南にあるのが支援センターなので、
「町でいちばん早く春が来る場所」(自称)ということで、
早くも咲き始めた花たちの写真をどうぞ。







廊下も春の花で彩られています。
11:40 | 投票する | 投票数(100)
12345

ようこそ支援センターへ

カウンター34183

 

携帯はこちら

携帯はこちら
大子町教育
ポータルサイト(携帯)